トップ / 結婚指輪の本来の役目

結婚式のスピーチ情報

結婚指輪に使われる種類

結婚指輪のリングの地金には、白金とも呼ばれ、熱に強く、変色やさびが少ないという特徴から不変の愛を象徴するということで人気が高いプラチナ、豪奢な輝きを放つゴールドは強度や硬度、耐摩耗性を高めた18Kも人気が高いです。また、金属の種類や割合をかえることで、個性的な色合いを楽しむことができます。結婚指輪の地金を使って石を支えているアームの種類には、まっすぐでシンプルなデザインのストレート、緩やかなウェーブがS字のように見えるウェーブなどがあり、それぞれ自分にあったものを探すことが大切です。

結婚指輪に関する最近の事情

結婚式で交換する指輪は結婚指輪と呼ばれ、誓いを示すために信頼を意味する左手の愛情を意味する薬指につけるのが一般的であるとされています。日本においてもごく一般的な習慣になってきた結婚指輪の習慣ですが、かつては給料3カ月分が相場であると言われてきた時代もあります。しかし現在では二人合わせて20万円程度が相場であると言われており、それほど背伸びをする必要のないものであるとも言えるでしょう。オーダーメイドで作るのであれば2~3カ月は必要としますので十分に余裕を持って準備する必要があります。

© Copyright 結婚式のスピーチの注意点. All rights reserved.