トップ / 結婚後の氏名が悪くても

結婚式のスピーチ情報

姓名判断で結婚後の名前が

結婚を考えている彼の名字で姓名判断をしてみたら、結果がよくなかった、という話をよく聞きます。占いを信じない人には全く関係ないかもしれませんが、占いを信じているという人にはちょっと心配になってしまいますよね。姓名判断での結果がよくなくても、運勢を良くする方法はいくらでもあるんです。旧姓を名乗ったり、名前を書く欄に「.」をつける、良い画数になる印鑑をつくる、など、同じように結婚後の名前がよくないと言われた人は創意工夫をして前向きに生活をしています。結果が悪かったからといって、落ち込むことなく改善出来る方法を探すのも良いでしょう。

姓名判断で名前をみる

通常結婚によって、生まれ育って今日まで使ってきた自分の名前が変わります。特に女性は、相手の男性の名字になったことにより名前の画数が変わってきて、それに伴って姓名判断の字画の意味が変わってきます。昔から、女性は結婚しだいで良くも悪くもなると言われているのは、こういった背景も含んでのことです。婿養子の場合も同様で、同じことが言えます。気になる時は、事前に本格的に姓名判断を専門に行っている所などへ行って、判断してもらう場合があります。それ以外では、自分で書物などを購入して調べることもできます。やり方さえ覚えれば、いつ何時でもそれを利用することができ重宝します。

© Copyright 結婚式のスピーチの注意点. All rights reserved.