トップ / 男性が婚約指輪を贈るとき

結婚式のスピーチ情報

婚約指輪ってどういうもの

結婚に関する指輪には2種類あります。ひとつは、婚約指輪でもうひとつは結婚指輪です。結婚指輪は結婚式のときに、新郎と新婦で交換するもので、それからの生活でいつも身に着けるものです。いっぽうで婚約指輪はその名のとおり、婚約をした証に男性から女性にだけ贈られるものです。結婚指輪は日常生活で身に着けるのでシンプルなデザインが多いのですが、婚約の場合の指輪はダイヤモンドなどがついていることがほとんどです。結納の場やプロポーズのときに渡したりします。女性は指輪のお返しにスーツや時計をプレゼントします。

欠かすことのできない婚約指輪

婚約指輪は、近い将来夫婦として共に歩むことを約束した証しと言えます。中には、結婚指輪を買うのに、必要なのだろうかと思うか人もいるかもしれません。しかし隠された大きな役割と意義があります。それにより、結婚して共に歩むという決意が強まります。そしてこれからは相手のために生きようという気持ちになります。婚約指輪は、結婚前には欠かすことのできないアイテムなのです。二人の固い誓いをあらわす大事なものなのです。

© Copyright 結婚式のスピーチの注意点. All rights reserved.